温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年07月22日

温泉考座 (11) 「内湯と内風呂」


 「内湯」 と 「内風呂」 という言葉を、混同している人が多いようです。

 昔々、先人たちは、温泉が湧生き出る場所に湯小屋を建てました。
 これを 「大湯」(共同湯) といいます。
 やがて大湯のまわりに木賃宿ができますが、あくまでも宿泊をし、食事をするところでした。
 湯治客らは、大湯へ入浴に出かけました。

 やがて財力のある旅館は、温泉を引いて館内に浴室を設けました。
 これが 「内湯」 です。
 宿の外にある 「外湯」 に対して、そう呼ばれました。

 今では旅館の中に温泉を引いた浴場があるのは当たり前になりましたが、それでも時々、湯治場として栄えた古い温泉地へ行くと、旅館の玄関前に “内湯あります” と書かれた古い看板を見かけることがあります。
 これなどは、外湯へ通った湯治場風情の名残と言えるでしょう。

 これに対して 「内風呂」 は、新しい言葉です。
 高度成長期以降、、温泉地はどこも、こぞって大浴場を造りました。
 団体客を収容するためです。
 これにより温泉の湯量が足りなくなってしまった温泉地もあり、新たな源泉を求めて掘削をするという本末転倒な現象が、全国各地で繰り広げられました。

 やがて時代は昭和から平成へ。
 バブル期を迎え、ますます温泉施設の競争はエスカレートしていきます。
 屋外への露天風呂の設置です。
 「露天風呂がなければ、客が来ない」 とまで言われ、小さな旅館までも維持経費のかかる露天風呂を造りました。
 「内風呂」 とは、この露天風呂に対して、屋内にある浴場のことを言います。

 みなさんも、旅館のパンフレットに <内風呂:男1・女1、露天風呂:男1・女1> などと書かれた施設案内を見たことがあるはずです。
 まれにですが、<共同浴場:1 (宿泊者無料)> と書かれているパンフレットを見かけることもあります。
 これは旅館の近くに、地元民が利用している昔ながらの外湯があるのですね。
 ふだんは施錠されていますが、宿泊客にだけカギを貸してくれるのです。

 外湯がある温泉地は、古くから湯治場として栄えた証拠です。
 ですから外湯に出合うと、ちょっぴり得した気分になります。


 <2013年6月12日付>


同じカテゴリー(温泉考座)の記事
 温泉考座 (84) 最終回 「入って残そう群馬の温泉」 (2021-04-22 11:08)
 温泉考座 (83) 「自分に合う湯探し」 (2021-04-18 11:14)
 温泉考座 (82) 「群馬にうまいものあり」 (2021-04-15 09:44)
 温泉考座 (81) 「東上州の名薬湯」 (2021-04-13 11:24)
 温泉考座 (80) 「復活した源泉一軒宿」 (2021-04-09 10:45)
 温泉考座 (79) 「残った源泉一軒宿(下)」 (2021-04-03 13:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉考座 (11) 「内湯と内風呂」
    コメント(0)