温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2022年10月31日

北の町から届いた牧水の手紙


 きっかけは、地元紙に載っていた記事でした。

 ≪町民団体が冊子作成≫
 ≪牧水歩いた みなかみ知って≫


 歌人の若山牧水 (1885~1928) は、大正11(1922)年に群馬県みなかみ町を訪れています。
 今年は、その訪問からちょうど100年後にあたります。
 その記念もあり、牧水の短歌愛好家が集う 「みなかみ町牧水会」 が中心となって、牧水のたどった所を一冊にまとめたという記事でした。

 冊子の題名は 『千日堂から牧水が眺めた・みなかみ みなかみ町名の由来』。
 編集は、「みなかみ町まちづくり協議会 月夜野支部」 とあります。

 だだし、“非売品” とのこと。


 でも、欲しい!
 旅と温泉と酒を愛した牧水のことを、もっと知りたい!
 しかも、非売品となれば、何が何でも手に入れたい!

 ということで、すぐに、みなかみ町観光協会に電話を入れました。
 「みなかみ温泉大使の小暮です」
 申し訳ないが、冊子を手に入れるために肩書を利用させていただきました。
 「非売品とのことですが、なんとか手に入りませんかね?」
 すると担当者は、こう言いました。

 「編集の委員長が私の高校の恩師なんですよ。訊いてみます」


 そして1か月後の先日、待望の冊子が届きました。
 A5判、78ページの簡易冊子であります。
 でも本文はカラーで、牧水の旅の様子が時系列に記されています。

 みなかみ町は平成17(2005)に、月夜野町と水上町と新治村が合併して誕生しました。
 ほとんどの人が、水上町をひらがな表記にしただけだと思い込んでいるようですが、違います。
 若山牧水が大正11年の旅を記した 『みなかみ紀行』 に由来します。

 本著は、そんな町の説明から始まります。
 そして、沼津→東京→信州→嬬恋村→草津温泉→花敷温泉→沢渡温泉→中之条→渋川→沼田→法師温泉→笹の湯(現・猿ヶ京温泉)→湯宿温泉→沼田→老神温泉……
 と、2週間にわたる旅の様子を古い町の写真を交えながら紹介しています。

 出色は、なんといっても牧水が旅の最中に妻・喜志子さんに宛てた手紙の文面を 『みなかみ紀行』 の本文と交互に並べている構成にあります。
 牧水はマメに手紙を出しており、日付と時刻まで記しています。

 よくぞ、こんなにも手紙が残っていたと、感心します。


 みなかみ町まちづくり協議会月夜野支部のみなさん、ありがとうございました。
 心より感謝いたします。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 僕も町の温泉大使として、牧水が愛した “みなかみ” の温泉を、全国に紹介していきます。
 

同じカテゴリー(読書志向)の記事
 娘の気持ち (2022-11-16 13:15)
 永遠の夏休み ~stand by me~ (2022-09-05 13:02)
 自問坂と無言館 (2022-08-29 11:43)
 先輩と風少女 (2021-11-06 11:51)
 KAPPA (2021-10-26 11:27)
 オオカミに乗って (2021-09-18 17:27)

この記事へのコメント
小暮大使

ご紹介ありがとうございます。そろそろ以前のように牧水にならってお酒、行きませんか!よろしくお願い申し上げます。

担当者:Tより
Posted by 担当者:Tより at 2022年10月31日 12:19
担当者:Tさんへ

これはこれは担当者様!
大変お世話になっております。

“酒” と聞けば、居ても立ってもいられません。
やっぱり水上といえば、居酒屋 「安兵衛」 ですかね?
いつでも、馳せ参じまする !
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2022年11月01日 00:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北の町から届いた牧水の手紙
    コメント(2)